◤鳥籠でタンデム

 

 衣擦れの音で、彼女は目覚めた。


 待ち望んでいた筈の覚醒の瞬間は、まるで永遠に続くかの如き倦怠感を身体の隅々までじわじわと行き渡らせた。ぴりぴりした痺れるような痛みは真冬の静電気によく似ていて、大切ななにものかに拒まれたような感覚で人を落ち着かなくさせる。
 これは呪いだ、と彼女は朦朧とした意識の中で呟く。生まれるより前、旧くから、その血の一滴、その肉の一塊に執拗に纏わり付いた、お前は泣きながら生きていかなくてはならないという、その惨めな一生を後悔しながら死んでいかなくてはならないという、呪い。“お前は誰に望まれるでもなく、誰を望むでもない”と、老いた魔女が云っている。“唯独りで有る孤独を、生き抜け”。
 有りもしない呪言は脳裏の奥底に沈殿し、長い昏睡によって混濁し黒い靄のかかった感覚野、その黒色に段々白みが増してゆくのを、じっと息を殺して待った。只管待ち続けるのは自分の得意分野だと、何一つ思い出せない筈の頭が知っている。これは前世の記憶なのか。私は一度死に、生まれ変わったのか。
 わたし。彼女は自分がなにものであるかを知っている。知っていた筈だ。この、為す術もない身体の隅々まで、ありとあらゆる戸棚の中に仕舞い込まれ隠された記憶が、彼女が“わたし”自身であると痛切に物語っている。その記憶と、漸く開いた眼に飛び込んできた廃工場の光景とが、彼女を遂に現実に引き戻す。


 打ち捨てられ腐敗した臓腑を晒す大天井、機械油を含んで湿った空気の胸を焼くような臭い、何処か遠くから聴こえる作業工船の重苦しい汽笛の残響、其れらとの邂逅を拒むように周囲に立ち塞がる、錆び付き赤茶けた鉄棒の群れ。暫くして、それが鉄檻の柵であることに彼女は気づいた。幽閉されている。
 いや、鳥籠と云った方が正しいのかもしれない。直径八メートル程の底床を持つ、奇妙に捻れた収容容器。ここで自分は籠の鳥だと気付き、同時に耳に入って来た微かな呻きと啜り泣きで、鳥は決して一羽では無いことを悟った。今まで妙に冷静だった自分が愚かに思えて来て、身震いする。
 少し身動きすれば直ぐに肩が触れ合うほど密着して、彼女等は牢に押し込められていた。内臓に重苦しい負担を強いる大きな不安に駆られたまま、周囲にいる人間を念入りに観察する。事務職をしていそうなスーツ姿の冴えない女性、年端も行かぬ学生服の小さな少女、化粧が半分落ちた、恐らく娼婦の女性。脅され、打ちのめされた女たち。考えなくても判るほど明快な状況。これは誘拐だ、恐らく最も悲惨な部類の。この街での信頼と油断は、死よりも過酷な終わりに直結する。ふと目を向ければ山とある、発酵肥料の屑に塗れた路地裏、安宿、コインランドリー、千鳥ヤクザの買春窟で、日常茶飯に行われている恒例行事の内の一つだ。
 人間には幾らでも用途がある。人権と倫理という二つの古びた楔を打ち砕けば、其処には膨大な可能性と限界のない担保能力が広がっている──本人以外にとっての話だが。奴隷市場への売却、血液/臓器売買、殺人コミュニティに対する直売。
 女は特に、供給の何百倍もの需要がある。どの道を進んでも、美味い商売だ。
 こんな話がある。臓器売買で片肺を失った奴隷が、転売先で肺病を患った。治癒には摘出するしか無いと医者に言われた奴隷主は、寛大なことに最安値で買い叩いた“中古”の肺を再移植させることで奴隷の命を救おうとした。こうして彼は一命を取り留めたが、それは嘗ての自分の肺であった、という話。
 嘗て誰かから聴かされた話、或いは小耳に挟んだ根拠の無い噂。それが誇張された物語に過ぎない事は判っていた。第三次世界大戦の惨禍によって旧日本から分離独立した後も、佐々峰市は目立った混乱も無く発展を遂げた事も、理解はしているつもりだった。だが、“これ”も現実だ。否定出来ない現実だ。
 死して尚空気を取り込み続ける廃工場の空洞と、機械油の粘ついた臭気と、赤茶け錆びた鉄檻が、“これは現実だ”と彼女に告げている。思考を拒む猛烈な倦怠感に抗うかの如く、歪んだ鉄骨構造の隙間から掠れた叫び声を上げ続けている。
 彼女はぎゅっと目を瞑り、荒い息を吐き、再び目を開いた。眼前に男。

「──っひ、」

 悲鳴を、堪え、男を凝視する。 痩せて、猫背、右反面に青い鱗の刺青。龍だ。男の落ち窪んだ眼下ちょうどに、ギョロリと睨みを利かせる爬虫のような眼球が二つ、恐ろしげに並んでいる。男と龍の、無言の威圧。まるでそうしなければ、何方もたちまち崩れてしまうかの様な、脆さ。危うさ。恐怖。
 男が口を開く。
「……どばりかってんじゃだぼ、あら、あらいそかねき、かねびっとんのかこら、どうもすんませねかきっ、かっ」
 涎を垂らし、微笑。喉を詰まらせたように痙攣しながら、意味不明の呻きだけはすらすらと。かきいいいんっ、かきいいいんっ、と間延びした声を発しながら、爪先立ちで檻の周りを徘徊する。きちがい、と、檻の奥で誰かが呟いた。恐慌を起こす一歩手前の、崩れかかった崖の上から聞こえるか細い悲鳴に似た、指摘。成る程そうなのかも知れない。だがそれを知った所で何になる。この血みどろのシャツを着た汗だくの男に抗する方法でも見つけられるのか。答えは無い。答えを探す必要すらも。
 汗だくの男は、いや、汗ではないのかもしれない。彼女はそれに気づいて再び男を観察する。濡れ縮んだ毛髪はべっとりと皮膚に張り付いているが、床に滴り落ちる粘性の液体は、人間の物とは到底思えない蛍光緑の輝きを放っていた。痙攣の具合は次第に悪化し、震える手は鉄格子を荒々しく掴む。恐怖の眼。
「あだっ、あだまってじゃげだた、すけてくねんてまう、それは、それはき、きびっ」
 男は滑らかに雑言を紡ぐが、しかし口は震えと出血により本来の役割を果たしていない。数秒毎に顔面に表出する微笑の間隔は段々と早まり、同時に格子を揺さぶる動きも激しくなってゆく。女達の悲鳴には絶叫で返し、──
 男の崩壊は一瞬で、その骨肉は赤黒く膨張した後、断片も残さずぼろぼろと腐れ落ちていく。最後に其処に残ったのは明らかに異常な緑色の輝きを放つ人型の網で、頭部への密集が、それが男の全身神経系の成れの果てであることを示していた。網はガクガクと震えながら奇声に似た怪音を発すると、

「奇特だな」

 何者かの溜め息と共に、爆発した。耳を劈く絶叫と発泡音を伴いながら、蛍光緑の粘液が辺り一面にぶちまけられる。その場の者は最早誰一人叫ぶことは無かった。叫んではならない、声を出してはならないことを、その瞬間に理解したのだ。死んだ男の死体の向う側に、影が一つ。
 全長3メートルを超える異様に高い背丈をぐにゃぐにゃと折り曲げながら、その影はゆっくりと女たちの鳥籠へと歩を進める。複雑な紋様が縫い込まれた乳白色の外套(或いはそれに似た何か)が、風も無いのにざわりと揺れる。
「下等な制圧種(ゴチア)の性と云おうか。まこと、人群の枝は不可思議な働きをする」
 そうして、外星の者は小首を傾げた。蕾のような頭がぱっくりと開き、勢い良く飛び出した無数の触腕と巨大な単眼が、人の子等に向けられた。


 それは好奇の眼だ。

【ショッキング・トゥ・トラブル・ダブル・ブッキング】

((
大目にみてください)



 昔の記憶が全く無いが、どうでもいいと思っている。結局最初から彼女は孤独なのだ。今の自分がいつまで「あたし」でいられるかなんて、一体誰が判るというのだろう?

 うんざりする灰色の曇り空からのどんよりとした視線を浴びながら、《中枢回路》市は油臭い夜へと沈む。これでも今日は天気が良い。雨が降らない夜は珍しい。穢れた霧や、汚い雪も。
 午後九時、喧騒溢れる磴辺区の中心地から数ブロックほど離れたホッドスコット街。ここ十年で見るみるうちに時代から取り残され、すっかり寂れてしまった街並みは、すぐ近くの繁華街の蛍光を浴びて一層もの悲しいが、同時にギラギラと眼を光らせる野獣に似た荒々しい呼吸も感じさせる。

 頑固な老人を連想させる、見た目だけは荘厳な建物の陰には、野良犬のような二十代の若者たちと、彼らに増す獣性が染み込んだ十代の子供たちが住み着くようになった。古びたアパートの空き部屋や屋根裏、略奪の傷痕が残るスーパーマーケット、もしくは下水道に集団で居を構え、至る所でつまらぬ小競り合いを起こす彼らは、この巨大な退廃の街のミニチュアだ。それがとてつもなく幼稚であることが、辛うじて子供達の救いとなる。外の世界はとても危険だ──その癖、艶かしく誘惑するのだ。
 そんな彼らの「秘密基地」の一つに、何年も前に放棄された小さな廃野球場がある。かつては住民たちが集まる場所だったのだろうが、やはりそれは昔の話。アイスクリーム・トラックに偽装した装甲車両が中央の監督席へと真っ直ぐに突っ込み、人間のDNA配列のみを破壊する有害ナノマシン搭載のマイクロボットを数キロトン単位で散布した日から、この場所の時間は止まったまま。伸び放題になった芝生だけが縦横無尽に生命を主張し、その葉脈は残留ナノマシンの影響で不気味な青色に輝く。それはさながら螢の遺骸の山、安売りされた死の残滓だった。
 以前は選手たちが走り回っていたマウントには壊れた家電製品や廃材がうずたかく積み上げられ、タワーの形状を成している。ホッドスコットが《中枢回路》市の幼稚なミニチュアなら、さしずめこれはデル・ツリーの惨めな小型模型だろうか、歪な形は哀愁すら誘わない。先端に斜めに突き刺さった巨大な黒いロッカー状の棺桶(カスケット)も、その上に枝垂れかかっているパーカー姿の少女も、何もかもが歪で、不自然なのだ。

 歪な景色に、生者の囁き。
「アスカ姉(ねえ)」
 ガラクタの山の麓から聞こえてきた声に反応し、その娘はピクリと頭を動かす。目深に被っていた野球帽を斜にずらして下を見、赤く光る猫の目を声の主に向ければ、その先には野球帽の少女よりも僅かに幼い顔立ちの少女が立っていた。

 綺麗な白いレースのワンピース(ネグリジェだろうか?)の上に安っぽいジャージを羽織り、怒ったような顔でガラクタの山を見上げている。この廃野球場の住民の一人だ。ガラクタ山の上の少女、異端審問官の石楠花アスカは欠伸を一つすると、相手に小さく手を振った。
「セイネ。──ゲトとニクロはもう寝た?」
「うん。ゲトは疲れてぐっすり。ニクロはいつも通りだよ。アスカ姉も最近ずっと外に出てばっかりだったんだから、早く寝ないと体壊すよ」
「わかってるって」
「……」
 何かを訝しむように腕を組み、疑わしげな目を向けるセイネに、アスカは不思議そうな顔をした。
「なにさ」
「ううん、何でも?」
「怪しいですな」
「何でもないって。ちょっといつもと様子が違うと思っただけ」
「そ、そうかなァ……」
 頭を野球帽越しにボリボリと掻く少女を見て、セイネは核心に触れる質問を口にした。
「お姉ちゃん、もしかして明日杜々松さんと会う?」
「へえッ!? ……そうだよ。そうだけど」
「やっぱり。今日はずっといつもよりソワソワしてたんだもん、嫌でもわかるよ。お姉ちゃん、あの人にはあまり迷惑かけない方がいいよ? 大人にしては珍しく信用できる人だけど、私心配だな」
「大丈夫大丈夫、デートの約束してるだけ! セイネが困ることないからさ!」
「……それが困るんだけどな、凄く」
「へ?」
「何でもない。早めに寝てね」
「……わかった。明日はゲトたちのこと頼むよ」
「了解。おやすみ、アスカ姉」
 セイネは一瞬躊躇うように目を逸らしながらも、笑顔を見せてから踵を返し、寝床にしているアイスクリーム・トラックへと駆けていった。それを見届けてから、アスカはニヤニヤと笑みを浮かべる。
「……へ、えへへ、マッツーとデート……一ヶ月ぶりだもんなあ、そりゃ、嬉しいもん、ね」
 身悶えするように黒いロッカーの上で揺れ動く少女。残虐で寡黙なアイアンメイデンはギョロリと濁った目で空を睨むが、やがて面倒臭そうに濁った眼を閉じる。それに構わず足を上下にばたつかせながら、アスカは嬉しさの滲む口調で小さく呟く。
「……明日かあ」
 

 ▼

 昔の記憶がしっかりあるが、それ故に全てが疎ましい。結局最初から彼女は過去に踊らされているわけだ。今の自分は「わたし」ではない。それは己自身が一番よく知っている。

 夜、幻惑的な光を四方に投げかける不動の巨塔、ジスタ行政区のデル・ツリー。《中枢回路》市の最大河川であるリノ川の中洲に突き立てるように建設されたそれは、東西南北に巨大な橋を架けて街との交通を可能にした。更にその下、地下や水底に張り巡らされた秘密のトンネルは、市警や治安部隊がショートカットとして利用している。
 その中の一つを滑らかに通過していくのは、一台の装甲パトカー。一定の間隔で斜め頭上に取り付けられた赤蛍光のライトの光に照らされ、強化合金製の車体の輝きを際立たせる。二筒の排気マフラーからは気化した合成アルコール燃料の残滓が吐き出され、パトカーの軌跡を微かに主張していた。
 車体の中で最も光を反射する防弾マジックミラー(機密保持の為、《中枢回路》市警ではガラス窓の代わりにこれが採用されている)。その奥で物憂げに外の景色を見つめているのは、切れ長のオレンジ色の瞳の少女。二桁に達しているかも定かではない幼げな体躯を厳めしい市警の厚着の制服で包んでいる彼女は、タイトなシークレットブーツを履いた脚を組み、ほんの僅かにウェーブがかった長い灰色の髪の上に制帽を目深に被っている。黒を基調とした、典型的かつ威圧的な上級刑事の格好である。窓枠に頬杖をつながら外を眺める美しい顔立ちの少女はしかし、その視線の焦点を定めていない。無論だ、外は唯の薄暗く狭いトンネルなのだから。
 物言わぬ少女の隣には、男が一人。同じく黒を基調とした《中枢回路》市警の正装ではあるものの、その制服からは警察を連想させる装飾は取り払われてどこか目立たない。更にその上から羽織った黒いロングコートのせいで、初対面の人間が彼の本職を見抜くことを非常に困難にしていた。代わりに際立って映えるのは顔全体を覆う巨大な古いペストマスクで、丸みを帯びたソフト帽と相成って人相すらも完全に隠している。男も無言だったが、人差し指を振って表出させた仮想煙草を喫煙しながら、ようやく重い口を開いた。
「久し振りだな、ボストーク
「……」
 ボストークと呼ばれた少女、つまり《中枢回路》市警上級刑事のエルスは、隣の男の言葉を無視して尚も窓の外の景色を眺める。勿論、そこには何もない。
「……相変わらずのようで何よりだ。近頃はめっきり縁が無かったからな、お前とは。特捜ではうまくやっているか? あそこには旧い知り合いが何人もいる、きっとお前の助けになって」
「戯言はその辺にしておけフラットラント。虫唾が走る」
 男の言葉を遮り、ぴしゃりと言い放つ。しかしその言葉には怒りというよりは、形容し難い虚無的な哀愁が満ち溢れていた。
 運転手のネクロノイドは機械的に運転を続ける。七色に輝く電子煙をマスクの奥から吐き出しながら、男はエルスを見ずに再び口を開いた。
「まあそう言うな、俺とお前の仲だろう。久し振りに昔話でもしようと思ったんだがな」
「貴様と語る過去など無い」
「……そうか」
 乾いた声で呟き、煙を吐き出す。互いに顔を合わせようとせず、そのまま二人は黙り込む。最高級の消音機構が備わった特注の警察車両は、そのまま暗い通路を進んでいった。三本目の仮想煙草に手をかけたところで男が再び重い口を開き、エルスに尋ねる。
「“口(マウス)”の件を調べているらしいな」
「……ああ」
「やめておいた方がいい。あれは……」
「やめると思うか」
 男は口をつぐむ。エルスが此方を凝視していることに気づいたからだ。その眼には殺気が篭っていた。全てのものに対する殺気が。
「……」
「私が、やめると思うか」
「……野暮なことを訊いたな。だが、用心に越したことはない。気をつけろ」
 軽く手を振って仮想煙草を消滅させたペストマスクの男。エルスは視線を戻し、再び窓の外へと向き直った。不意に開けた視界。夜の水底トンネルを脱し、妖しい蛍光街灯が立ち並ぶ磴辺区ホルスター街へと到達した装甲パトカーは、そのまま夜の繁華街を猛スピードで抜けていく。そんな光景を死んだ魚の目で見つめるエルスは、傍の男に聞こえぬほど小さな声で言葉を洩らす。
「……明日か」

“皮剥王”の王国の崩壊: 古代オルクス族社会と外つ神信仰

グリポ・ヤドュリの言伝えには悪戯好きな子供達への忠告以上の真実性は無いとされてきた。しかしエルドゥク・モナの傀儡王国遺跡の十年以上にわたる調査で、この世界で最も怪奇な伝承の歴史的裏付けが取れる可能性が出てきた。最新の研究結果の報告。

TEXT BY RUGS FENT MIRD
TRANSLATION BY TOTUTOTU WOBE
PHOTOGRAPHY BY EDWARD MUSIAK

desert dune trailbiking

「皮剥王(グリポ・ヤドゥリ)はそと面ぎらい ひと剥ぎふた剥ぎまだ足りぬ……」

陽気な調子にそぐわぬ物騒な歌詞から始まるこの童歌を、幼い頃嫌になるほど聴かされた経験がおありの方は少なくないだろう。“グリポ・ヤドゥリの歌”は、連合統治時代に純オルクスたちが奴隷として乙大陸へ連れて来られた時から、阿諛追従が過ぎる者や冷血漢、裏切り者に対する警告詩として、〈王国〉の民に種属を超えて伝えられてきた古譚の一つだ。

グリポ・ヤドゥリは甲大陸のムードァ一帯を支配していたとされる伝説のムードァウ・オルクス最後の王で、外天神話に記述がある荒ぶる亜神・エルドゥクを信仰し、罪人から剥いだ生皮と引き換えに黄金の都市を建設したと伝えられている。やがて王は過度の接神による狂気に陥り、疑心から罪のない民衆や家臣の皮までも剥ぐようになったことで黄金が砂と灰に変わり、王国は一夜のうちに亡びたとされている。

ファースト・アポピスによる支配から解き放たれたオルクスは好戦的な性格で知られ、その王国は大陸北部の古アルヴ諸族とたびたび争っていたことから、グリポ・ヤドゥリは勇王降誕以降のアルヴ支配に対抗するオルクスの象徴的存在として扱われていた。〈王国〉でも、公民権運動末期に台頭した急進的政治組織・皮剥党(シン・グリープ)が、アルヴ社会へのアンチ・カルチャーのモチーフとして盛んに取り上げていたことは有名である。僅か200語足らずの短い詩歌に秘められた抗いがたい血の魔力は、単なる民謡の枠を超えてオルクス人社会全体に強い影響を与えてきたのだ。

失われた資料群と「アルヴのタブー」

しかしその絶大な影響力とは裏腹に、グリポ・ヤドゥリとその傀儡王朝に関する歴史的資料は驚くほど少ない。これは、蟲字筆記が定着しなかったオルクス社会では、情報記録をトリキオンと呼ばれる原始ゴーレムの口述記憶のみに頼っていたことや、連合統治時代、悪名高きガナーデ・アンペルツィアのオルクス文化廃絶政策(ガナーデ・キャンペーン)によって、オルクスが長年継承してきた文化共同体の大部分が破壊されたことに原因を求められる。

「当時の支配者層にとってオルクス文化は恐怖の的でした」と語るのは、連合統治時代に文化指導庁長官の秘書長を歴任した、元エヴォルゴーレム評議会(EGC)代表のエデールホムルス(中枢駆体)。「アポピス治下の暗黒の時代を連想させる彼らの魔術的亜神信仰が、古きアマツミを基軸とした黎明期の魔何学世界を破壊してしまう可能性を恐れたのです」

当時のアルヴ上流社会の神経病質的なマジックフォビアと差別主義の是非は別として、甲大陸中央地帯に存在していた古代外天魔術文明についての研究がタブー視されていたのは否定できない事実だ。独立戦争と世界大戦の混乱を経て〈王国〉で民俗史研究が解禁された後も、散逸し多くは失われてしまった資料の再収集は困難を極めた。

そんな中、注目すべき研究が世界中の考古学界を賑わせている。ビウマク大学と現地の研究機関が合同で行っているエルドゥク・モナの遺跡発掘調査の第一段階が終了し、新たな事実が判明しつつあるというのだ。

謎に包まれたムードァの大カルデラ地帯

(ここから先は有料となります 最後まで書くやる気が出るようにお金をください)

 

Twitterやめます言ったのに三日坊主にすらならなかった

女性向けブランドのバッグについての紹介文のパラグラフをああでもないこうでもないとこねくり回したら生存が本当に無理になって「ううううー、ううううー」と唸り声をあげながら家を飛び出しベビースターパンメン オリーブソルト味と三割引の苺ヨーグルト買ってグァツグァツ食った!!!

一ヶ月オナ禁生活2日目

テレビ観てたら猛烈な既視感に襲われたので何だろうと思ったら『ロシア・世界一寒い村』と『フローズン・リバー』と『ダークナイト ライジング』で凍った川を渡るシーンが共通していただけだったり、生まれて初めて雪まつりに行ったのに思ったほど雪像がなくてひどくガッカリして家に帰るなどしましま。

お日記(2017年2月5日!!?!??!?)

今日は一日中いい天気だったので外に出て何の目的もなく町をぐるぐる回ったり反対側に回ったりしました 無目的だったので比較的楽しかったです おわり(えっち音声を聞きながら片手間に書いたので構文が杜撰です)